片桐(読み)カタギリ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奈良県北西部、大和(やまと)郡山(こおりやま)市にあった地名。旧片桐町。1889年(明治22)の町村制施行までは小泉村と称した。現在は小泉地区を中心とする農業地帯である。地名は江戸初期の小泉藩主片桐貞昌(さだまさ)にちなむ。貞昌は茶道石州(せきしゅう)流の祖として知られ、彼の築構した庭園(国の史跡・名勝)が残る慈光院がある。現在片桐という地名はなく、小学校などにその名が残る。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

片桐の関連情報