コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片桐 カタギリ

大辞林 第三版の解説

かたぎり【片桐】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

片桐
かたぎり

奈良県北西部、大和(やまと)郡山(こおりやま)市にあった地名。旧片桐町。1889年(明治22)の町村制施行までは小泉村と称した。現在は小泉地区を中心とする農業地帯である。地名は江戸初期の小泉藩主片桐貞昌(さだまさ)にちなむ。貞昌は茶道石州(せきしゅう)流の祖として知られ、彼の築構した庭園(国の史跡・名勝)が残る慈光院がある。現在片桐という地名はなく、小学校などにその名が残る。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

片桐の関連キーワードマドンナ・ヴェルデ 娘のために産むこと大激闘 マッドポリス'80長野県下伊那郡松川町一瓢庵関里(6代)小泉(奈良県)週刊 赤川次郎賤ヶ岳の七本槍I WISHさすらいの唄おれの行く道ジュモクさんラーメンズ片桐ゆたか茨木[市]沼津兵学校なくもんか近藤道志片桐石州片桐貞隆近藤道円

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

片桐の関連情報