コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片桐石州 かたぎり せきしゅう

美術人名辞典の解説

片桐石州

江戸前期の茶人・大名。石州流茶道の祖・大和小泉城主片桐貞隆の子。初名は長三郎、のち貞俊、更に貞昌と改める。号は宗関・能改庵・浮瓢軒等。桑山宗仙茶道を学ぶ。千宗旦小堀遠州松花堂昭乗とも交わり茶の湯を研鑽、小堀遠州のあとを受けて将軍家茶道師範となる。画を能くし、また古器の鑑定に精通していた。延宝元年(1673)歿、69才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かたぎり‐せきしゅう〔‐セキシウ〕【片桐石州】

[1605~1673]江戸初期の茶道家。且元(かつもと)の甥(おい)。名は貞昌。大和小泉城主。石見守(いわみのかみ)。茶を桑山宗仙に学び、4代将軍徳川家綱の茶道師範となった。石州流開祖

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

片桐石州【かたぎりせきしゅう】

江戸前期の大名,茶人。片桐且元の甥(おい)。名は貞昌(さだまさ),石見守を称す。大和(やまと)国小泉城主。茶道を千道安の高弟桑山宗仙に学び,小堀遠州らと交遊。石州流の開祖。
→関連項目茶道

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片桐石州 かたぎり-せきしゅう

1605-1673 江戸時代前期の大名,茶人。
慶長10年生まれ。片桐貞隆の長男。寛永4年(1627)大和(奈良県)小泉藩主片桐家2代となり,京都知恩院の普請奉行,関東郡奉行などをつとめる。茶道を桑山宗仙にまなび,石州流をひらく。寛文5年将軍徳川家綱の所望で茶の作法を披露し,茶道師範となった。延宝元年11月20日死去。69歳。名は貞俊,貞昌。号は宗関。
【格言など】心を楽しむ数寄者こそ誠の数寄者とは云うべけれ(「石州侘びの文」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かたぎりせきしゅう【片桐石州】

1605‐73(慶長10‐延宝1)
江戸時代初期の大名,茶匠,石州流の開祖。片桐且元の弟主膳正貞隆の子として摂津茨木に生まれる。従五位下に叙し,石見守貞昌と称し,三叔宗関と号した。父に従って大和小泉に入り,その死後大和・河内1万6400石の遺領を受ける。京都知恩院の普請奉行をはじめ,土木・作事にあたり,小堀遠州後継者の観を呈した。1642年(寛永19)には関東の郡奉行となる。茶道は千道安の高弟桑山宗仙に学び,利休流茶法の奥義をきわめ,特に〈一畳半の伝〉をその究極として伝授した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かたぎりせきしゅう【片桐石州】

1605~1673) 江戸前期の茶匠。名は貞昌。石州流茶道の開祖。大和国小泉城主。石見守いわみのかみ。千道安の高弟桑山宗仙に学び、小堀遠州の後継として将軍家の茶道師範となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

片桐石州
かたぎりせきしゅう

[生]慶長10(1605).摂津
[没]延宝1(1673).11.20. 大和,小泉
江戸時代初期の武将,茶人。大和小泉の城主。桑山宗仙に利休流の茶を学び,のち独自の石州流を開いた。寛文5 (1665) 年将軍徳川家綱の茶道師範となる。造園にもすぐれた感覚をもち,大和郡山市慈光院庭園は石州設計の代表作

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

片桐石州
かたぎりせきしゅう
(1605―1673)

近世前期の大名。茶匠。片桐且元(かつもと)の弟貞隆の子で摂津茨木(いばらき)(大阪府)に生まれる。名は長三郎貞俊、のち貞昌。大徳寺の玉舟和尚(おしょう)に参禅し、三叔宗関の号を与えられる。また石州の名は1624年(寛永1)12月石見守(いわみのかみ)に任ぜられたのによる。27年父の没後大和(やまと)小泉(奈良県大和郡山(こおりやま)市)1万6400石を襲封した。33年幕命により徳川家の菩提(ぼだい)所である京都東山知恩院(ちおんいん)の作事奉行(ぶぎょう)にあたったのをはじめ、各所の作事奉行、郡(こおり)奉行、巡見奉行などを勤める。
 茶は千道安(せんのどうあん)(利休の子)の弟子桑山左近貞晴(重長(しげなが))に習う。1648年(慶安1)将軍徳川家光(いえみつ)の命により柳営御物(りゅうえいぎょぶつ)の分類整理を行い、65年(寛文5)11月には江戸城黒書院で将軍家綱(いえつな)や老中たちに点茶している。指南書である『茶湯(ちゃのゆ)三百ヶ条』はこのとき上進したものと伝える。これ以前61年(寛文1)12月『石州佗(わ)びの文』を書き、「茶湯さびたるは吉、さばしたるは悪敷と申事」と述べたことは有名。大和小泉慈光院、大和當麻寺(たいまでら)(奈良県葛城(かつらぎ)市當麻)中之坊(円窓の席)に好みの茶席がある。70年三男貞房に家督を譲り、隠居。延宝(えんぽう)元年11月小泉に没す。墓は大徳寺高林院にある。[村井康彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の片桐石州の言及

【慈光院】より

…山号は円通山。茶道石州流の始祖である片桐石州が,亡父貞隆の菩提のため,1663年(寛文3)大徳寺の玉舟宗璠を開山にして開創した。石州の禅と茶,また幕府普請奉行としての技術をしのばせる茶室と書院(重文),それに庭園(名・史)があることで有名である。…

【石州流】より

片桐石州を流祖とする茶道の流派の一つ。石州が4代将軍徳川家綱の茶道師範であった関係で,全国大名,旗本のあいだでひろまった。…

【大名茶】より

…《清巌禅師茶事十六ヶ条》に〈大名有力の茶〉という語があり,町人の茶に対する大名の茶というタイプが意識されている。大名茶といえば歴代徳川将軍の茶道指南とされる古田織部小堀遠州片桐石州ら大名茶人の茶風を指すが,織部にはかぶき者的な性格があって大名茶と性格を異にする。遠州,石州の茶は封建社会を支える分限思想や儒教道徳的な徳目をその茶道思想に含み,好みも均衡のとれた洗練度の高い美しさを見せ,また名物道具を中心とする書院台子の茶の伝統をその点前に包含するなど,大名の趣味としての要件を備えているといえよう。…

※「片桐石州」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

片桐石州の関連キーワード妙法院尭然法親王松浦鎮信(2)尭然入道親王慈光院茶室稲葉正則藤林宗源大西閑斎片桐貞房松浦鎮信清水動閑怡渓宗悦清水道閑中沼左京本多忠英金森宗和神尾元勝玉舟宗璠近藤道志片桐貞起近藤道喜

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

片桐石州の関連情報