コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片田春太 かただ はるた

1件 の用語解説(片田春太の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片田春太 かただ-はるた

1840-1863 幕末の武士。
天保(てんぽう)11年生まれ。山田十竹(じっちく)の弟。安芸(あき)広島藩士。藩主浅野長訓(ながみち)にしたがい,江戸藩邸につとめる。文久2年長訓が攘夷(じょうい)の詔をうけると,藩内攘夷派に書をおくり奮起をうながした。また同藩初の汽船震天丸の購入に奔走。幕命に抗して世子長勲(ながこと)を京都にむかわせ,その直後の文久3年3月21日自殺。24歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

片田春太の関連キーワードアヘン戦争中島名左衛門アヘン戦争雪華図説播隆渡辺政香西部開拓史藤間流姉小路公知木戸孝允

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone