片田春太(読み)かただ はるた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片田春太 かただ-はるた

1840-1863 幕末の武士。
天保(てんぽう)11年生まれ。山田十竹(じっちく)の弟。安芸(あき)広島藩士。藩主浅野長訓(ながみち)にしたがい,江戸藩邸につとめる。文久2年長訓が攘夷(じょうい)の詔をうけると,藩内攘夷派に書をおくり奮起をうながした。また同藩初の汽船震天丸の購入に奔走。幕命に抗して世子長勲(ながこと)を京都にむかわせ,その直後の文久3年3月21日自殺。24歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android