コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛酪 ギュウラク

デジタル大辞泉の解説

ぎゅう‐らく〔ギウ‐〕【牛酪】

バター。
「麺包(パン)―を…空しく卓に残したりしや」〈逍遥小説神髄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎゅうらく【牛酪】

バターのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の牛酪の言及

【バター】より

…このようにバターは古くは薬用その他に珍重され,食用としては少数の人に利用されていたに過ぎない。日本では徳川家斉がインド白牛の乳から牛酪(バター)を作らせたといわれるが,上流階級の薬用として用いられたのみで,食用として用いられるようになったのは明治以降になってからである。
[種類]
 食塩添加の有無により加塩バターと無塩バターに分けられる。…

※「牛酪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

牛酪の関連キーワード楽・洛・絡・落・酪岩本正倫バタートダ族チーズ牛乳酪農酪酸善那

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牛酪の関連情報