牢守(読み)ろうしゅ

大辞林 第三版の解説

ろうしゅ【牢守】

( 名 ) スル
かたく守ること。固守。 「然るに所謂いわゆる芸人に名取の制があつて、今猶-せられてゐることには想ひ及ぶものが鮮すくない/渋江抽斎 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ろう‐もり ラウ‥【牢守】

〘名〙
① 牢の番をする者。牢の番人。牢番
※幸若・景清(室町末‐近世初)下「科もなき牢守共を打ころさんも無ざんなり」
② 江戸時代、大坂町奉行所付属の与左衛門町牢屋を管理したもの。江戸の町奉行所付属の小伝馬町牢屋における囚獄(しゅうごく)(=牢屋奉行)に当たるもの。定員二人。一〇石、三人扶持。配下に牢番八人、牢扶持焚人足若干名がいた。安永九年(一七八〇)廃止され、以後は大坂町奉行配下の同心が管理した。本所奉行所管の本所牢屋、大坂代官所管の天王寺地内牢屋などにもおかれた。〔享保以来御取計替候ケ条書‐天明七年(1787)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android