コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景清 かげきよ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

景清
かげきよ

(1) 能の曲名 四番目物。作者未詳。鎌倉に住む人丸 (ツレ) は,日向に流された父悪七兵衛景清 (シテ) を求めたずねて下る。乞食となってわら屋に住まう盲目の景清は,ようやく父を捜しあてた娘にわが身を恥じて名のろうとしない。里人 (ワキ) のとりなしで親子は名のり合い,景清は屋島の合戦,錣引 (しころびき) の物語 (語り) を聞かせて娘を返す。 (2) 幸若舞 景清が東大寺大仏供養の場で源頼朝の命をねらいながら果せずに捕えられ,牢破りから日向へ下るまでを描く。 (3) 歌舞伎 同じ景清を題材として,元文4 (1739) 年江戸市村座初演『初もとゆい通曾我 (はつもとゆいかよいそが) 』の『菊重栄景清 (きくがさねさかえかげきよ) 』をもとにして天保 13 (1842) 年に7世市川団十郎が『歌舞伎十八番の内景清』とした。 (4) 歌舞伎舞踊 文化 10 (13) 年に八変化舞踊『閏茲姿八景 (またここにすがたのはっけい) 』で常磐津の『へちまの景清』,天保 10 (39) 年同じく八変化『花翫暦色所八景 (はなごよみいろのしょわけ) 』に長唄・常磐津掛合の『五条坂の景清』として上演された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かげきよ【景清】

平景清(たいらのかげきよ)
能・浄瑠璃・歌舞伎などの景清物の主人公。源頼朝打倒を目ざして果たさなかった平景清の哀話は、浄瑠璃出世景清」「壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)」などに描かれている。
謡曲。四番目物平家物語などに取材。日向(ひゅうが)へ流された悪七兵衛景清が娘と再会するが、屋島の戦いを回顧し、回向(えこう)を頼んで娘を帰す。
歌舞伎十八番の一。藤本斗文作。元文4年(1739)江戸市村座で「菊重栄景清(きくがさねさかえのかげきよ)」として初演。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

景清【かげきよ】

能の曲目。四番目物。人情物。五流現行。敗残の老武将の悲哀を描く能。源平合戦の栄光の日々を,訪れた娘を前に盲目の乞食(こじき)となった平景清が語る。演劇的にも心理的にも成功した能。
→関連項目現在能平景清

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

景清

古典落語の演目のひとつ。上方種。三代目三遊亭圓馬によって東京に移された。「入れ眼の景清」「めくら景清」とも。八代目桂文楽が得意とした。主な登場人物は、盲人。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かげきよ【景清】

(1)幸若舞曲の曲名。作者,成立年次不詳。上演記録の初出は1554年(天文23)(《証如上人日記》)。上下に分かれる。上だけを《景清》,下を《籠破(ろうやぶり)》として独立した本もある。悪七兵衛景清(平景清)は東大寺再建の供養のおり,頼朝を暗殺しようとして何度もねらうが,畠山重忠に妨害されて果たさず,都に上って清水の遊女阿古王のもとに身を寄せる。阿古王が訴人し,追手に囲まれた景清は2人の間の子どもを殺害し,包囲を突破して姿を消す(上巻)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かげきよ【景清】

能の一。四番目物。日向ひゆうがの宮崎に流され盲目となり落ちぶれている悪七兵衛景清のもとに、娘の人丸が訪ねてくる。景清は昔日の武勇譚を語って没後の回向えこうを頼む。
幸若の一。悪七兵衛景清は源頼朝を討とうとして捕らえられるが、清水観音の霊験により救われる。のちの歌舞伎・浄瑠璃に影響を与えた。
歌舞伎十八番の一。1732年江戸中村座で二世市川団十郎により上演された「大銀杏栄景清」が初演とされる。牢を破った景清が角柱を持ち大暴れする荒事が中心。
浄瑠璃「出世景清」の通称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

景清の関連キーワード嬢景清八島日記和島 富太郎阿古屋の琴責雪仙斎尚徳壇浦兜軍記子中をなす景清(能)浮世狂ひほっても千秋万歳言ひ落ちにえ込む鬼を欺く世に無し森田隆義歯向く門送り詰め牢世間口景清洞

景清の関連情報