牢屋奉行(読み)ろうやぶぎょう

精選版 日本国語大辞典「牢屋奉行」の解説

ろうや‐ぶぎょう ラウやブギャウ【牢屋奉行】

〘名〙 江戸幕府の職名。町奉行の支配に属し、牢屋の管理、囚人の取り締まりに任じたもの。囚獄が正式の称。石出帯刀世襲。配下に屋同心、牢屋下男などがいた。三百俵高、一〇人扶持。牢奉行。〔明良帯録(1814)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の牢屋奉行の言及

【石出帯刀】より

…江戸小伝馬町牢屋の長。職名を囚獄(しゆうごく)と称するが,牢屋奉行とも俗称した。江戸幕府創立以来石出家が世襲し,帯刀を名のった。…

※「牢屋奉行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android