牧夫(読み)ぼくふ

世界大百科事典内の牧夫の言及

【家畜】より

…しかし牛も馬も鶏も飼われてはいても,哺乳類家畜は〈けもの〉に,鳥類家畜は〈とり〉という,野生種をも含めた上位カテゴリーに包括されて,それらを横断して,飼われたもの一般を指すカテゴリーは,語彙として存在しない。 中近東やヨーロッパでは,主要家畜である有蹄類家畜が放牧されるとき,そこには必ず群を管理する牧夫というものがいる。それは一つの職業として確立している。…

【ヒツジ(羊)】より

…オオカミなど野獣に襲われると四散する。牧夫の引導がないと,斜面を上へ上へと進み,風上に移動する習性をもち,ときに独力で幕営地に帰れないことがある。これらの点から,一般に羊は,牧夫による放牧管理の度が高く,人への依存度の高い家畜とみなされている。…

【牧畜文化】より

…それに対し東南アジアやオセアニアなどは,湿潤で森林やブッシュの繁茂がきつく,草地放牧の適地を欠く。水牛や牛,そして豚などの小規模飼育は認められても,群放牧による牧畜は展開せず,集団ないし専業的職業としての牧畜民や牧夫の成立をみず,農民の副業的活動にとどまったといってよい。その点で日本も似た条件下にあり,牧での牛馬の放牧はあっても,どこまでも農山村の生業の一部として特異的に認められ,他は役畜である牛馬や豚の舎飼いが一般であった。…

※「牧夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android