物価安定政策(読み)ぶっかあんていせいさく(英語表記)price stabilization policy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物価安定政策
ぶっかあんていせいさく
price stabilization policy

自由競争の下で,価格は資源の適正配分をもたらすように決まるが,持続的な物価の上昇や急激な変動は,経済活動や所得分配などに悪影響がある。この政策は,物価を安定させるために人為的に物価の自律的変動を調整する目的でとられる政策で,直接的・間接的,一般的・個別的,貨幣的・実物的を問わずすべての手段が含まれる。最も厳しいのが個別的な価格統制である。効果は直接的であるが,価格による自動調整機能を失うことになるため好ましくない。そのため間接的ではあるが,一般的な金融・財政政策により,価格による自動調整機能を利用しながら政策当局の意図する水準に物価を持っていく方法がとられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

物価安定政策の関連情報