コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物実 モノザネ

デジタル大辞泉の解説

もの‐ざね【物実】

物事のもとになるもの。物の種。
「後に生(あ)れし五柱の男子は、―我が物によりて、成れり」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ものざね【物実】

物事の元になるもの。物のたね。ものだね。ものしろ。 「是の後に生れし五柱の男子は、-我が物に因りて成れり/古事記 上訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

物実の関連キーワードブレーン・マシン・インターフェースアーネスト・ヘンリー スターリングクルーエルティーフリーオイゲン シュタイナハ正味タンパク質利用率ヒト臓器での薬研究実験動物の倫理綱領免疫交感神経切除アニマル・ライトC. コラーシュタイナハ都築 甚之助イナリサーチソーンダイクBSL4施設プラナリア臨海実験所モルモット下垂体摘出ハムスター

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android