物見山経塚(読み)ものみやまきょうづか

防府市歴史用語集の解説

物見山経塚

 厚狭郡山陽町にある平安時代後半の経塚[きょうづか]です。1965年(昭和40年)に見つかりました。経筒のふたは井上山経塚[いのうえやまきょうづか]のものに形が似ており、宝塔[ほうとう]の形をしたつまみがついています。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android