物見車(読み)モノミグルマ

デジタル大辞泉の解説

ものみ‐ぐるま【物見車】

祭礼などの行事を見物するときに乗る牛車(ぎっしゃ)。
「かねてより、―、心づかひしけり」〈・葵〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ものみぐるま【物見車】

祭礼などを見物する人の乗った牛車。 賀茂祭見んとて、…-は皆立てならべて隙間もなし/十訓 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ものみ‐ぐるま【物見車】

〘名〙 祭礼などの見物や遊覧などの際に乗って出る牛車。
※宇津保(970‐999頃)祭の使「一条の大路にものみ車ども数知らず、殿の御車どもものしたる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android