コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物質刺激 ぶっしつしげき wù zhì cì jī

1件 の用語解説(物質刺激の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶっしつしげき【物質刺激 wù zhì cì jī】

勤労者の労働意欲を分配上の譲歩により引き出す方法を,中国で,物質刺激と呼ぶ。これと対極となるのが精神的刺激である。低所得の中国では経済建設のために,愛国心共産主義的自覚に訴えて,高蓄積を実現せざるをえなかった。具体的な面の両者の相違は,物質的刺激派は出来高払いの割合増加を主張し,精神的刺激派は時間給や一律供給制の比重を高めることを主張する。右派が実権を握ると物質的刺激をより重視し,左派が権力を握ると精神的刺激を強調する傾向があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

物質刺激の関連キーワード争議権モラール勤労者財形シズル勤労意欲モラールアップレーガノミクス勤労福祉会館県の労働委員会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone