コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物質刺激 ぶっしつしげきwù zhì cì jī

世界大百科事典 第2版の解説

ぶっしつしげき【物質刺激 wù zhì cì jī】

勤労者の労働意欲を分配上の譲歩により引き出す方法を,中国で,物質刺激と呼ぶ。これと対極となるのが精神的刺激である。低所得の中国では経済建設のために,愛国心や共産主義的自覚に訴えて,高蓄積を実現せざるをえなかった。具体的な面の両者の相違は,物質的刺激派は出来高払いの割合増加を主張し,精神的刺激派は時間給や一律供給制の比重を高めることを主張する。右派実権を握ると物質的刺激をより重視し,左派が権力を握ると精神的刺激を強調する傾向があった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

物質刺激の関連キーワード勤労者

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

物質刺激の関連情報