物部乱(読み)もののべの みだる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

物部乱 もののべの-みだる

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の人。
讃岐(さぬき)(香川県)寒川(さんがわ)郡にすむ。天智天皇9年(670)の「庚午年籍(こうごねんじゃく)」では良人の身分だったが,持統天皇4年の「庚寅(こういん)年籍」ではあやまって飼丁と記載される。和銅6年国司の奏言がみとめられ,一族26人が戸籍を訂正された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android