物部二田塩(読み)もののべのふつたの しお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

物部二田塩 もののべのふつたの-しお

?-? 飛鳥(あすか)時代の豪族。
大化(たいか)5年(649)謀反(むほん)のぬれぎぬをきせられた蘇我倉山田(そがのくらやまだの)石川麻呂が山田寺(奈良県桜井市)で自殺した際,蘇我日向(ひむか)の命令で,その首をきりおとした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android