コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物部胆咋 もののべの いくい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

物部胆咋 もののべの-いくい

日本書紀」にみえる豪族。
物部十千根(とおちね)の子。仲哀天皇死去に際し神功(じんぐう)皇后の命で武内宿禰(たけしうちのすくね),中臣烏賊津(なかとみの-いかつ)らとともに宮中をまもったとされる。「先代旧事本紀(せんだいくじほんぎ)」によれば,成務天皇のとき大臣(おおおみ),ついで宿禰となり,石上(いそのかみ)神宮につかえた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

物部胆咋の関連キーワード物部十千根

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android