物部贄子(読み)もののべの にえこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

物部贄子 もののべの-にえこ

?-? 飛鳥(あすか)時代の豪族。
物部尾輿(おこし)の子。物部守屋敏達(びだつ)天皇12年(583)百済(くだら)(朝鮮)からまねかれた日羅を大伴糠手子(ぬかてこ)らとたずね,任那(みまな)(朝鮮)再興策をきく。百済人に暗殺された日羅を埋葬後,変事をふせぐためその妻子・水手(かこ)らを石川(大阪府南東部,石川流域一帯)の地に分散してすまわせるよう建議した。のち推古天皇のとき大連(おおむらじ)。物部石上(いそのかみの)贄古ともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android