コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物部贄子 もののべの にえこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

物部贄子 もののべの-にえこ

?-? 飛鳥(あすか)時代の豪族。
物部尾輿(おこし)の子。物部守屋の弟。敏達(びだつ)天皇12年(583)百済(くだら)(朝鮮)からまねかれた日羅大伴糠手子(ぬかてこ)らとたずね,任那(みまな)(朝鮮)再興策をきく。百済人に暗殺された日羅を埋葬後,変事をふせぐためその妻子・水手(かこ)らを石川(大阪府南東部,石川流域一帯)の地に分散してすまわせるよう建議した。のち推古天皇のとき大連(おおむらじ)。物部石上(いそのかみの)贄古ともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

物部贄子の関連キーワード布都姫夫人物部尾輿

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android