特別予防説(読み)とくべつよぼうせつ(英語表記)Lehre von der Spezialprävention

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特別予防説
とくべつよぼうせつ
Lehre von der Spezialprävention

犯罪人に刑罰を科す目的は,その犯罪人の再犯を抑止することにあるという刑法学上の学説。一般予防説と対立し,新派刑法学目的刑論または教育刑論と結びつく。この立場からは,個々の犯罪人の性格を改善するのに適した個別化された刑罰が要請される (刑の個別化) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android