コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新派刑法学 しんぱけいほうがく

1件 の用語解説(新派刑法学の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

新派刑法学【しんぱけいほうがく】

刑法学派のひとつ。近代学派,実証学派とも。旧派すなわち古典学派に対する。犯罪現象の実証的研究に基づいて,犯罪行為に対する犯罪者の自由意思に基づく道義的責任を原則的に否定し,むしろ社会防衛のための処分を受ける犯罪行為者の社会的責任や予防的な社会政策を強調する。
→関連項目教育刑論

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

新派刑法学の関連キーワード小ソクラテス学派西南ドイツ学派陽明学派六派哲学闇斎学派学派漢学派九学派メガラ学派常識学派

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone