コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新派刑法学 しんぱけいほうがく

百科事典マイペディアの解説

新派刑法学【しんぱけいほうがく】

刑法学派のひとつ。近代学派,実証学派とも。旧派すなわち古典学派に対する。犯罪現象の実証的研究に基づいて,犯罪行為に対する犯罪者の自由意思に基づく道義的責任を原則的に否定し,むしろ社会防衛のための処分を受ける犯罪行為者の社会的責任や予防的な社会政策を強調する。
→関連項目教育刑論

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

新派刑法学の関連キーワードG.L. ラートブルク新旧両派の争いロンブローゾ社会防衛論宮本 英脩特別予防説目的刑論大場茂馬木村亀二牧野英一刑事政策リスト刑罰

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android