コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特別排出基準 とくべつはいしゅつきじゅん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特別排出基準
とくべつはいしゅつきじゅん

煤煙などの排出基準の一つ。施設集合地域 (硫黄酸化物,煤塵または特定有害物質にかかる煤煙発生施設が集合して設置されている地域をいう) において一般の排出基準に代えて適用される。この特別排出基準が定められているのは硫黄酸化物と煤塵のみである。硫黄酸化物の排出規制は,施設単位に排出基準を定める方法を中心として,高汚染地域に対してはさらに工場単位に総量規制基準を定める方法が併用されている。煤塵の排出規制については,1971年に規制が強化され,基準値が定められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の特別排出基準の言及

【排出基準】より

…ほかに硫化水素,塩化水素,アンモニアなど28種類の特定物質が,発生施設の故障,破損などの事故時に取締り対象となる。この排出基準に加えて,環境庁長官は発生源密集地域について,特別排出基準をきめることができ,また都道府県は,国の排出基準が不十分なとき,それよりきびしい上乗せ排出基準をきめることができる。自動車排出ガスと悪臭は別に規制されている。…

※「特別排出基準」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone