特権収入(読み)とっけんしゅうにゅう(英語表記)privileged income

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特権収入
とっけんしゅうにゅう
privileged income

絶対王政 (重商主義) 時代の君主がその特権 (→レガーリエン ) に基づいて徴収した収入。営業免許料,鉱山採掘料,入市料,通関料などがあり,租税や御料地収入とともに君主の重要な収入であった。これらの特権収入の徴収はしばしば徴税請負制により行われた。絶対王政の末期には特権の乱用による特権収入の増徴がしばしば行われ,これが国民の財政負担を増大させブルジョア革命の導火線の一つとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android