コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特殊飲食店 トクシュインショクテン

3件 の用語解説(特殊飲食店の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とくしゅ‐いんしょくてん【特殊飲食店】

昭和21年(1946)公娼(こうしょう)制度が廃止されてから同32年に売春防止法が施行されるまで、売春婦を置いていた飲食店。特飲店。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

特殊飲食店
とくしゅいんしょくてん

1946年(昭和21)公娼(こうしょう)制廃止後、占領軍の指示により風俗取締り対策として指定された売春宿の名称。廃娼といっても公娼地域はそのまま「特飲街」という私娼地域として存続し、売春婦は従業婦とよぶ酌婦、女給等に偽装させられた。56年に売春防止法が成立、翌々年全国約3万9000軒の特飲店は廃止されたが、ザル法にすぎず、実質的管理売春はいまなお続いているといえよう。[佐々木日嘉里]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の特殊飲食店の言及

【赤線・青線】より

…地図上に赤線あるいは青線をもって区分のかこみをつけたことから生じた名称。赤線とは特殊飲食店と称された,売春婦を置いて売春をさせる店が集まっていた地域である。太平洋戦争中までは,明治以来,許可された売春婦すなわち公娼を置いて売春をさせる店を一区域内に集めて遊郭といった。…

【売春】より

…なお,〈からゆき〉と呼ばれた東南アジア方面への出稼売春婦の存在と,第2次大戦中に東洋各地の戦場に軍が従軍慰安婦による売春施設を設置したことは,近代史の一面を示す。戦後,占領軍の指示によって公娼制は廃止されたが,日本政府は直ちに特殊飲食店と名称を変えて存続を図り,それらの営業許可区域を赤線または青線で指定した(これを特飲街,赤線地帯などといった。〈赤線・青線〉の項目参照)。…

※「特殊飲食店」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

特殊飲食店の関連キーワードイタリア映画新日本文学戦争放棄カストリ雑誌北朝鮮新教育世界(雑誌)盧武鉉南海地震ビキニ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

特殊飲食店の関連情報