コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤線区域 アカセンクイキ

2件 の用語解説(赤線区域の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あかせん‐くいき〔‐クヰキ〕【赤線区域】

売春を目的とする特殊飲食店街。警察などの地図にその地域が赤線で示されていた。昭和21年(1946)公娼(こうしょう)制度が廃止された時、特例措置として地域を限って置かれたが、昭和33年(1958)廃止。赤線地帯。→青線区域

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤線区域
あかせんくいき

売春を目的とした特殊飲食店街の別称。警察がこの地域を地図に赤線で囲って示したところからこの名称がある。第二次世界大戦後の1946年(昭和21)1月、GHQ(連合国最高司令部)の指令により、日本における管理売春の公娼(こうしょう)制度は廃止されたが、戦後社会の混乱と性風俗の悪化を恐れ、特定の地域を限って私娼による慰安所を設けて営業することが許された。これらの店のほとんどは、公娼を扱っていた業者が営み、形式的に飲食物を置いたが、内容はもっぱら売春であった。ストリート・ガール(街娼)は取締りの対象になったのに対し、これは風俗営業として認められた。公娼は身代金、前借金などの名目で拘束されたが、私娼はあくまで本人の自由意志によるものとし、慰安料金の配分も娼婦・業者折半か、または娼婦60%・業者40%程度を約束して行われた。東京には吉原、新宿、玉の井、鳩の街(はとのまち)、洲崎(すざき)、武蔵(むさし)新田など13の赤線区域があった。特殊飲食店街吉原は新吉原特飲街として300軒の業者、1200人の娼婦がいた。全国のおもな都市や温泉地などの赤線区域には6万人を超す娼婦がいたといわれる。また飲食店の営業許可だけで酌婦がひそかに売春をしたり、あるいは旅館を装って街娼を出入りさせる裏口売春街は、フランスの例に倣って特別地区として地図に青線で囲ったので青線区域とよばれた。そのほか東京の立川など米軍基地周辺には白線(ぱいせん)区域、黒線区域とよばれる外国兵相手の売春街もあった。これらの売春街は風俗営業取締法、労働基準法、売春取締条例、旅館業法などにかかわりをもちながら黙認されていたが、1956年(昭和31)5月24日売春防止法が公布、翌1957年4月1日同法の実施により姿を消した。[佐藤農人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤線区域の関連キーワード行政警察売春防止法秘密警察高等警察特飲街特殊飲食店青線区域出版警察特飲店空ナカ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone