特許を受ける権利

産学連携キーワード辞典の解説

特許を受ける権利

特許を受ける権利」とは、発明完成と同時に発明者に帰属する権利で、財産権性質を有する。特許権は設定登録をすることによって発生するため、設定登録の前には、特許としての発明者の利益は保護されない。そこで、設定登録前にも一定の利益状態を確保するために「特許を受ける権利」がある。出願が公開されると一定の条件の下、権利化の後に補償金請求権を行使することができる。また、発明者はこの「特許を受ける権利」を他人に譲り渡すことができる。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android