コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特許を受ける権利

産学連携キーワード辞典の解説

特許を受ける権利

特許を受ける権利」とは、発明の完成と同時に発明者に帰属する権利で、財産権の性質を有する。特許権は設定登録をすることによって発生するため、設定登録の前には、特許としての発明者の利益は保護されない。そこで、設定登録前にも一定の利益状態を確保するために「特許を受ける権利」がある。出願が公開されると一定の条件の下、権利化の後に補償金請求権を行使することができる。また、発明者はこの「特許を受ける権利」を他人に譲り渡すことができる。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

特許を受ける権利の関連キーワード特許法の改正論議特許法第35条発明者主義共同発明者冒認出願職務発明発明教官業務発明自由発明出願人

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android