コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特許権の効力が及ばない範囲の実施

1件 の用語解説(特許権の効力が及ばない範囲の実施の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

特許権の効力が及ばない範囲の実施

「特許権の効力が及ばない範囲の実施」とは、特許権が適用されない、いくつかのケースが特許法で定められていることをいう。(特許法第69条)。主なものとして、1.試験、研究として行う実施2.ただ日本国内を通過するだけの船舶、飛行機やその部品となる機械など3.出願時に既に存在していたもの4.医師や歯科技師の処方箋に基づく調剤行為、調剤医薬などが挙げられる。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特許権の効力が及ばない範囲の実施の関連キーワード通常実施権法域専用実施権実施行為独立の原則独占的通常実施権特許権の消滅特許権の存続期間特許権の譲渡補償金請求権利用発明

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone