コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牽連管轄 けんれんかんかつGerichtsstand des Sachzusammenhangs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牽連管轄
けんれんかんかつ
Gerichtsstand des Sachzusammenhangs

他の裁判事件と密接な関連があるため,本来はそれを取り扱う権限 (管轄権) のない裁判所が,その事件についても裁判を取り扱うこと。関連管轄,関連裁判籍ともいう。一つの管轄裁判所に関連ある請求の管轄が併合される場合は,管轄の併合ともいう。当事者の便宜のため認められるものである。典型的なものは,併合請求の裁判籍であって,一つの訴えをもって数個の請求をする場合に,一つの請求につき管轄権を有する裁判所にその訴えを提起しうるとしている (民事訴訟法) 。ただし,専属管轄の場合には適用がない。そのほか,訴訟上の関係に基づく牽連管轄として,主参加訴訟の裁判籍,独立当事者参加の裁判籍,反訴の裁判籍など,これに属する多数の牽連管轄に基づく裁判籍がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android