コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬上王 いぬかみおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

犬上王 いぬかみおう

?-709 飛鳥(あすか)時代の官吏。
大宝2年(702)持統上皇の喪葬に作殯宮司(もがりのみやつくるつかさ),慶雲(きょううん)4年文武(もんむ)天皇の葬儀の御装司(みよそいのつかさ)をつとめる。和銅元年宮内卿。正四位下。「懐風藻(かいふうそう)」に漢詩1首があり,治部卿としるされている。和銅2年6月28日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

犬上王

没年:和銅2.6.28(709.8.8)
生年:生年不詳
7世紀後半から8世紀初頭の官僚。大宝2(702)年持統上皇の葬儀の際,作殯宮司の一員で,時に従四位上。『行基年譜』によると,慶雲3(706)年7月に正四位下,翌年6月文武天皇の殯宮に供奉し,同年10月御装司。和銅1(708)年3月宮内卿に就任,伊勢大神宮に平城宮造営を報告する奉幣使となる。『懐風藻』に正四位下治部卿として詩1首を残す。

(岩本次郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

犬上王の関連キーワードあすか官吏

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android