コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬上郡兵衛 いぬがみ ぐんべえ

2件 の用語解説(犬上郡兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

犬上郡兵衛 いぬがみ-ぐんべえ

1706?-1772 江戸時代中期の柔術家。
宝永3年?生まれ。伯父の棚橋五兵衛に扱心(きゅうしん)流を,京都の滝野遊軒に起倒流をまなんだ。江戸にでて扱心流をおしえ,宝暦2年筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩の江戸藩邸で柔術指南役をつとめる。同流中興の祖といわれた。明和9年9月16日死去。67歳?近江(おうみ)(滋賀県)出身。本姓は伊藤。幼名は善八。名は永保。通称は別に郡次,左仲,郡太左衛門

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

犬上郡兵衛
いぬがみぐんべえ
(1705―1780)

柔術、扱心(きゅうしん)流中興の祖とされる。名は永保(ながやす)。近江(おうみ)国(滋賀県)犬上郡彦根(ひこね)の人。19歳のとき家伝の体術に飽き足らず、京都に出て起倒流滝野遊軒の門に学んだ。1735年(享保20)師に同行して江戸へ下り、のちに独立して麻布狸穴(あざぶまみあな)に道場を開き扱心流を称した。52年(宝暦2)久留米(くるめ)藩有馬家に召し抱えられ(月俸25口)、名声を高めた。永保の養子郡兵衛永昌は巷説(こうせつ)有馬騒動の猫退治のモデルといわれる。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬上郡兵衛の関連キーワード無銭法師網野了宅江口吉太夫神戸有鱗斎渋川伴五郎(4代)集山関口氏英高橋玄門斎滝野遊軒福島平九郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone