コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬酸漿 イヌホオズキ

2件 の用語解説(犬酸漿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いぬ‐ほおずき〔‐ほほづき〕【犬酸漿】

ナス科の一年草。畑や道端に生え、高さ30~90センチ。葉は卵形。夏から秋、白い5弁花を開き、実は球形で熟すと黒くなる。有毒。全草を乾燥したものを漢方で竜葵(りゅうき)といい、解熱薬・利尿薬にする。うしほおずき

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いぬほおずき【犬酸漿】

ナス科の一年草。全国の山野に自生。高さ20~90センチメートル。葉は互生し、卵形。夏、茎上部の節間の散形花序に五弁の白花をつける。果実は球形で黒熟。全草有毒。漢方では、干したものを竜葵りゆうきといい、解熱・利尿剤とする。ウシホオズキ。コナスビ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬酸漿の関連キーワード畦菜河原決明狐の孫小茄子塔花常磐黄櫨薙刀香薷野鶏頭雀萱錦草