コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬酸漿 イヌホオズキ

2件 の用語解説(犬酸漿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いぬ‐ほおずき〔‐ほほづき〕【犬酸漿】

ナス科の一年草。畑や道端に生え、高さ30~90センチ。葉は卵形。夏から秋、白い5弁花を開き、実は球形で熟すと黒くなる。有毒。全草を乾燥したものを漢方で竜葵(りゅうき)といい、解熱薬・利尿薬にする。うしほおずき

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いぬほおずき【犬酸漿】

ナス科の一年草。全国の山野に自生。高さ20~90センチメートル。葉は互生し、卵形。夏、茎上部の節間の散形花序に五弁の白花をつける。果実は球形で黒熟。全草有毒。漢方では、干したものを竜葵りゆうきといい、解熱・利尿剤とする。ウシホオズキ。コナスビ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone