コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解熱薬 ゲネツヤク

5件 の用語解説(解熱薬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げねつ‐やく【解熱薬】

解熱剤」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

解熱薬【げねつやく】

熱冷ましとも。直接・間接的に中枢神経系に作用して,異常に上昇した体温を下げる薬剤。通常鎮痛作用を兼ね備えるので,解熱鎮痛薬というのが妥当。直接中枢神経に作用するキニーネ類と,発熱の原因物質となるプロスタグランジンの生成を抑えるアスピリン様薬物アスピリンインドメタシン)・アニリン系(アセトアミノフェン)などの2群に大別されるが,キニーネ類は現在ではあまり用いられない。
→関連項目対症療法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

げねつやく【解熱薬 antipyretic】

解熱の目的で用いられる薬剤。過去ならびに現在,解熱の目的をもって医療の場で使用されてきた薬物は,一般に解熱作用とともに鎮痛作用も兼ね備えている。この意味では解熱鎮痛薬として分類するのが妥当であるが,ときに解熱のみを目的として意識する立場から,この言葉が使われることがある。【鶴藤 丞】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

げねつやく【解熱薬】

体温中枢に作用して病的に上昇した体温を正常値まで下げる薬剤。キニーネ・アミノピリン・アスピリン・フェナセチンなど。解熱剤。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

解熱薬
げねつやく

下熱薬とも記す。体温が異常に上がったとき、これを下降させ平熱にする薬剤で、俗に熱さましともいう。中枢神経系とくに視床下部にある体温中枢に作用して体温を降下させるもので、多くは軽度の鎮痛作用を有している。熱性疾患の対症療法として用いられ感冒の治療に繁用されるほか、その鎮痛作用や消炎作用を利用して頭痛、歯痛、神経痛、リウマチにも常用される。サリチル酸系、アニリン系、ピラゾロン系その他がある。世界でもっとも古くから使用された解熱薬はキナ皮であるが、その有効成分であるキニーネは現在その目的ではまったく使用されていない。
 サリチル酸系でもっとも有名なのはアスピリンで、そのほかサリチルアミド、エテンザミドは一般用薬としての感冒薬の組成としてよく使用されている。サリチル酸ナトリウム、サリチル酸コリン、サルサラート、アスピリンアルミニウムはアスピリンの胃障害を少なくしたものである。アニリン系ではアセトアミノフェンとフェナセチンが有名であるが、腎(じん)障害や肝障害をおこすことがある。またアニリン系のフルフェナム酸、メフェナム酸、ジクロフェナックナトリウムは抗炎症作用が強く、鎮痛、解熱、消炎剤として関節リウマチ、四十肩、五十肩などの治療に用いられている。ピラゾロン系ではアンチピリン、アミノピリン、スルピリン、イソプロピルアンチピリンがあり、アミノピリンは内服により腸管でニトロソ化合物となり、これが発癌(はつがん)性を有することから坐薬(ざやく)のほかはほとんど使用されなくなった。スルピリンは水溶性で筋肉注射用にも使用されるが、組織障害性を有し大腿(だいたい)四頭筋短縮症の原因の一つとして問題となった。イソプロピルアンチピリンは頭痛、片頭痛、神経痛の鎮痛の目的で配合され、またフェニルブタゾン、オキシフェンブタゾンはフルフェナム酸、メフェナム酸などと同じく非ステロイド系消炎剤ともいわれ、関節リウマチなど各種炎症性疾患の治療に用いられている。そのほかフェニル酢酸系のイブフェナック、イブプロフェンやインドメタシンも解熱・鎮痛・消炎剤として繁用される。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の解熱薬の言及

【体温】より


【ヒトの体温】
 体温測定は腋窩(えきか),口腔,直腸で行われるが,日本では腋窩に体温計を挟んで測定することが慣習となっている。腋窩に一時的にできる空洞の温度がほぼ安定するには15分以上を要する。体温は1日周期で規則的に変動するが,成人の腋窩温を午後1~4時の間に測定すると36.89±0.34℃である。外国では舌の下に体温計を入れて口腔温を測るのが一般的で,口腔温は腋窩温より約0.4℃高く,直腸温は0.8℃高い。…

※「解熱薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

解熱薬の関連キーワードマスク解毒剤解熱剤通経薬薬用量試料並びに副教材食欲抑制剤鎮静薬

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

解熱薬の関連情報