状袋(読み)ジョウブクロ

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐ぶくろ ジャウ‥【状袋】

〘名〙 書状を封入する紙ぶくろ。封筒。
※人情本・英対暖語(1838)二「状袋の封じを切って、中を取りいだしてビックリなし」
※風流仏(1889)〈幸田露伴〉一〇「丈夫そうな状袋を択み、封じ目油断なく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の状袋の言及

【封筒】より

…明治期に入って郵便制度が採用されてからは封筒の需要も増大した。当時は状袋(じようぶくろ)とも呼ばれた。洋紙製の封筒がつくられるようになったのは大正期に入ってからである。…

※「状袋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android