コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野如林 かのう じょりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野如林 かのう-じょりん

1802-1872* 江戸時代後期の画家。
享和2年生まれ。狩野養信(おさのぶ)にまなび,かたわら軍学をおさめる。美作(みまさか)(岡山県)に帰郷後,津山藩主松平氏にその技を賞されて狩野姓をあたえられ,御用絵師となった。明治4年12月22日死去。70歳。名は宗信。別号に如春,如山,松甫。作品に「百花鳥の図」「日本百景絵巻物」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

狩野如林の関連キーワード日本郵便制度史(年表)グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク尚温王十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫ドニエプロペトロフスクレ・バン・ズエト青木夙夜

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android