御用絵師(読み)ごようえし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御用絵師
ごようえし

幕府や大名から一定の俸給をもらい,その用命の制作を中心に行う画家。平安時代以後,禁裏,社寺などには絵所があったが,絵画需要の増大に伴い室町幕府も専門画家を雇うようになった。周文宗湛のあと狩野正信,元信が受継ぎ,桃山時代には引続いて狩野派が,江戸時代には狩野派と住吉派が活躍した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごよう‐えし ‥ヱし【御用絵師】

〘名〙 一定の報酬を受け、専属して仕事をする画家。江戸時代からいわれたことばで、特に幕府に召し抱えられた絵師をさす。
※瓊浦画工伝(古事類苑・文学四三)「元融 御用絵師、兼画目利」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の御用絵師の言及

【狩野派】より

…室町中期から明治初期まで続いた,日本画の最も代表的な流派。15世紀中ごろに室町幕府の御用絵師的な地位についた狩野正信を始祖とする。正信は俗人の専門画家でやまと絵と漢画の両方を手がけ,とくに漢画において時流に即してその内容を平明なものにした。…

※「御用絵師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android