コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野時信(読み)かのう ときのぶ

美術人名辞典の解説

狩野時信

江戸前期の画家。中橋狩野家二世。安信の長男。通称は四郎次郎、のち左京と改める。画を父に学び、のち父安信と共に上京を命じられ、禁裡御造営の御用を務める。延宝6年(1681)歿、37才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野時信 かのう-ときのぶ

1642-1678 江戸時代前期の画家。
寛永19年6月13日生まれ。狩野安信の長男。父の跡をうけて中橋狩野家をつぎ,奥絵師となる。御所や江戸城本丸の障壁画制作に参加。延宝6年10月6日死去。37歳。号は右京。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android