コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野永岳 かのう えいがく

美術人名辞典の解説

狩野永岳

幕末の画家。京都生。永俊の養子。字は公嶺、通称は縫殿助、号に山梁・晩翠等。永納の画風を習得したが、のち四条派の筆意を取り入れ、晩年画風を変えた。慶応3年(1867)歿、78才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野永岳 かのう-えいがく

1790-1867 江戸時代後期の画家。
寛政2年生まれ。狩野永俊の養子となり,京狩野家をつぐ。御所御用をつとめるとともに,文政6年(1823)九条家の家臣となった。妙心寺隣華院客殿の障壁画代表作。慶応3年1月2日死去。78歳。字(あざな)は公嶺。通称は縫殿助。号は山梁,脱庵,晩翠。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

狩野永岳の関連キーワード狩野永朝岸竹堂幕末

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android