コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木挽町 こびきちょう

5件 の用語解説(木挽町の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木挽町
こびきちょう

東京都中央区南部の旧町名。現在の歌舞伎座周辺,銀座と築地の間にあたる。地名の由来は,江戸時代初期,江戸城大修築に従事する木挽の多くが住んだことによる。また江戸時代には山村座,河原崎座,森田座などの芝居小屋があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こびき‐ちょう〔‐チヤウ〕【木挽町】

東京都中央区銀座にあった地名。木挽き職人が多く住んだところからの名。江戸時代の劇場街で、現在も歌舞伎座がある。
歌舞伎座の通称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こびきちょう【木挽町】

◇ 東京都中央区、銀座南東部の旧町名。歌舞伎座がある。
にあったことから〕 歌舞伎座の通称。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧町名〕木挽町(こびきちょう)


東京都中央区銀座東部の旧町名。
江戸時代、木挽き職人が多く居住したことからつけられた名。現在の地名では銀座の東部にあたる。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木挽町
こびきちょう

東京都中央区銀座の東部にあった地名。江戸初期に、江戸城大修理の工事に従う木挽職人(鋸引(のこぎりびき)人夫)を多く住まわせたのが地名の由来。その後、寺や大名の別邸、さらに町人の住宅地となり、柳生(やぎゅう)道場が開かれ、絵島(えじま)・生島(いくしま)事件(1714)を引き起こした山村座があった。現在、歌舞伎(かぶき)座がある。東京メトロ日比谷(ひびや)線・都営地下鉄浅草線東銀座駅があり、商業地として発展している。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木挽町の関連情報