コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独庵玄光 どくあん げんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

独庵玄光 どくあん-げんこう

1630-1698 江戸時代前期の僧。
寛永7年生まれ。曹洞(そうとう)宗。肥前佐賀の人。明(みん)(中国)から長崎にきた道者超元(どうじゃ-ちょうげん)にまなび,のち皓台(こうだい)寺の月舟宗林の法をつぐ。河内(かわち)竜光寺,摂津大道寺などの住持をつとめた。詩をよくした。元禄(げんろく)11年2月11日死去。69歳。別号蒙山,睡庵。著作に「経山独庵叟護法集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どくあんげんこう【独庵玄光】

1630~1698) 江戸前期の禅僧・詩人。肥前の人。名は玄光、字あざなは蒙山、独庵は号。睡庵とも号す。黄檗宗の道者超元に師事。智見広大で儒・仏に通じ、詩文をよくした。著「経山独庵叟護法集」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

独庵玄光の関連キーワード黄檗宗道者詩人師事詩文禅僧玄光

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android