コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独禁法域外適用 どくきんほういきがいてきよう extraterritorial application of U.S.anti-trust laws

1件 の用語解説(独禁法域外適用の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

独禁法域外適用
どくきんほういきがいてきよう
extraterritorial application of U.S.anti-trust laws

独占禁止法の効力の及ぶ範囲を外国に広げる考え方アメリカ独禁法域外適用されるようになった背景には,企業活動が国際化し,効果的な規制を行うため外国での活動も対象にするようになったという事情があるが,アメリカは独禁法 (反トラスト法) だけでなく,通商法規や銀行管理法などでも,法律一般の属地主義原則をこえて域外適用している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

独禁法域外適用の関連キーワード独占禁止法法域眼界圏域権内勢力範囲翼下禁止法独占禁止法適用除外制度正田彬

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone