独見(読み)どっけん

精選版 日本国語大辞典「独見」の解説

どっ‐けん ドク‥【独見】

〘名〙 自分一人の見解。自分自の見識。
※本朝文粋(1060頃)二・意見十二箇条〈三善清行〉「括五刑之軽重。決之独見之讞書」 〔漢書‐王莽伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「独見」の解説

【独見】どくけん

独自の見解。〔呂覧、制楽〕の倚(よ)るの伏する人の獨見するなり。衆人焉(いづく)んぞ其のを知らん。

字通「独」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android