狭布の細布(読み)キョウノホソヌノ

  • =狭布(せばぬの)
  • ▽狭▽布の細布
  • きょう
  • きょうのほそぬの〔ケフ〕
  • の=細布(ほそぬの)
  • 狭布

デジタル大辞泉の解説

狭布のこと。幅が狭く不足するところから、「胸合はず」「逢はず」などの序詞に用いる。きょうのさぬの。きょうのせばぬの。
「錦木はたてながらこそ朽ちにけれ―胸あはじとや」〈後拾遺・恋一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

同義語を二つ重ねたもの。歌語として「今日」をかけ、また、幅もせまく、丈(たけ)も短くて胸をおおうに足りないところから、「胸合はず」「逢はず」の序詞とする。
※後拾遺(1086)恋一・六五一「錦木はたてながらこそ朽ちにけれけふのほそぬのむねあはじとや〈能因〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android