コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦木 にしきぎ

美術人名辞典の解説

錦木

江戸吉原玉屋の遊女義侠心が強く、侠客鐘弥左衛門と親しむ。弥左衛門が茶亭で侠客小喜田権兵衛と喧嘩を生じた際、両者の刀をうちかけで覆って仲裁、その器量と度胸で世に名を謳われた。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にしき‐ぎ【錦木】

ニシキギ科の落葉低木。山野に自生。枝にコルク質の翼が四方につき、葉は楕円形で、秋に紅葉する。5月ごろ、黄緑色の小花が咲き、実は赤く熟す。庭木にされ、枝に翼のないものをコマユミという。ニシキギ科にはマユミマサキなども含まれ、種子に鮮やかな色の仮種皮をもつものが多い。 秋 花=夏》「われ稀に来て―を立去らず/夜半」
5色に彩った約30センチくらいの木。昔、奥州で、男が恋する女に会おうとするとき、女の家の前にこれを立て、女に迎え入れる心があれば取り入れ、取り入れなければ、男はさらに繰り返し、千本を限度として通ったという。
「思ひかね今日立て初むる―の千束も待たであふよしもがな」〈詞花・恋上〉
[補説]書名別項。→錦木

にしきぎ【錦木】[書名]

柳川春葉の小説。明治34年(1901)発表。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

錦木 にしきぎ

?-? 江戸時代の女性。
江戸吉原玉屋の遊女。情人の鐘(つりがね)弥左衛門が小喜田権兵衛と喧嘩(けんか)したとき,両者が抜き合わせた刀に裲襠(うちかけ)をかけて仲裁し,とっさの機転と度胸のよさで有名になった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にしきぎ【錦木】

ニシキギ科の落葉低木。高さ約1.5メートル。枝に四列のコルク質の翼よくがある。葉は楕円形。初夏、淡緑色四弁の小花をつける。紅葉が美しいので庭木ともされる。晩秋、果実が熟して割れ、赤い皮のある種子を現す。 [季] 秋。 〔「錦木の花」は [季]夏〕
五色に彩った30センチメートルほどの長さの木。男が恋する女の家の戸口に夜ごとに一本ずつ立ててゆき、女は同意するときこれを中にしまう。染め木。 「 -はたてながらこそ朽ちにけれ/後拾遺 恋一

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

錦木 (ニシキギ)

学名:Euonymus alatus
植物。ニシキギ科の落葉低木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

錦木の関連キーワード秋田県鹿角市十和田錦木引っ剥ぐ・引っ剝ぐ染め木・染木狭布の細布関取千両幟三味線栗毛二番目物四番目物江戸時代柳川検校津打園二薄雪物語花輪盆地なぐれ小歌踊世阿弥毛馬内端張り根切り舞舞

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

錦木の関連情報