猜忌(読み)サイキ

デジタル大辞泉の解説

さい‐き【×猜忌】

ねたましく思ってきらうこと。「猜忌の念を拭(ぬぐ)えない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいき【猜忌】

( 名 ) スル
ねたみきらうこと。 「斉武セーベの強大を-する事/経国美談 竜渓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さい‐き【猜忌】

〘名〙 ねたましく思ってきらうこと。また、その気持
※黄葉夕陽邨舎詩‐前編(1812)一・御領山大石歌「吾嫌世上多猜忌、楽子無一レ知屡来過」
※政党評判記(1890)〈利光鶴松〉二「立憲自由党の勢力を忌せる離間の手段は」 〔後漢書‐中屠剛伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android