コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿麻桛 サルオガセ

デジタル大辞泉の解説

さる‐おがせ〔‐をがせ〕【猿×桛】

サルオガセ科の地衣類の総称。樹皮上に着生。白緑色の糸状で、枝分かれを繰り返して垂れ下がり、約1メートルになる。日本では40種ほどある。松羅(しょうら)。さがりごけ。 夏》「動くもの一夏天のみ―/楸邨

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さるおがせ【猿麻桛】

サルオガセ科サルオガセ属の樹枝状地衣植物の総称。深山の針葉樹の幹や枝に着生し、糸状でよく分枝し長く垂れ下がる。心臓疾患・結核などの薬用とされる。ヨコワサルオガセ・ナガサルオガセなど、日本に約40種ある。松蘿しようら

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

猿麻桛 (サルオガセ・サルノオガセ)

植物。サルオガセ科の植物の総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

猿麻桛の関連キーワード針葉樹植物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android