獅子座流星群(読み)シシザリュウセイグン

デジタル大辞泉「獅子座流星群」の解説

ししざ‐りゅうせいぐん〔‐リウセイグン〕【×獅子座流星群】

獅子座γガンマ付近を輻射点とする流星群。11月14日頃から11月24日頃にかけて見られ、11月17日前後に出現ピーク(極大)となる。母天体は公転周期33年のテンペルタットル彗星彗星の回帰前後数年は出現数が増加する傾向があり、まれに流星雨となることがある。獅子座γ流星群。レオニズレオニド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「獅子座流星群」の解説

ししざ‐りゅうせいぐん ‥リウセイグン【獅子座流星群】

毎年一一月一四~一九日ごろ獅子座付近を放射点として現われる流星群。周期三三年のテンペル‐タットル彗星(すいせい)を母天体とし、高速度で尾跡を残す。一八三三年一一月一二日には、北アメリカで一時間に二〇万個も観測された。一一月流星群。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

NFT

《non-fungible token》複製・偽造の不可能な証明書を付与したデジタルデータ。また、その技術。アート作品など、複製でないことに価値があるものに、それが唯一のデータであることを証明する情報...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android