コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流星雨 リュウセイウ

6件 の用語解説(流星雨の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りゅうせい‐う〔リウセイ‐〕【流星雨】

流星群の特に著しく多いもの。1時間に数千から数万個もの流星が現れることがある。
[補説]書名別項。→流星雨

りゅうせいう【流星雨】[書名]

津村節子歴史小説会津戦争を主題とする。平成2年(1990)刊行。同年、第29回女流文学賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

流星雨【りゅうせいう】

流星群,またはそれがきわめて大規模で多数の流星がまるで雨の降るように出現するものをいう。特にしし座流星群の1833年11月13日(米国南部),1966年11月13日(ヨーロッパ)の大流星雨が有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうせいう【流星雨 meteor shower】

流星群の流星がとくに多数出現する状態を流星雨という。はっきりした基準はないが,1人で1時間に1000個以上の流星を見られるようであれば流星雨といってよいであろう。流星雨はめったに見られるものではない。知られている大流星雨には,しし座流星群(1799,1833,66,1966),アンドロメダ座流星群(1872,85),ジャコビニ流星群(1933,46)などがある。【長沢 工】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

流星雨
りゅうせいう

流星群」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

流星雨の関連情報