コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

獅泉河 しせんが

2件 の用語解説(獅泉河の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

獅泉河【しせんが】

中国,チベット自治区南西,アリ(阿里)地区ガル県の中心地。カイラス山付近から流れ出すインダス川上流の獅泉河(センゲー・カンバブ)南岸に開けた町。新疆〜チベット道路とナチュ(那曲)〜アリ道路の交差点で,アリ地区の政治・経済の中心地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

獅泉河
しせんが / シーチュワンホー

中国、チベット自治区西部、ガル県にある鎮。センゲーカバのこと。同名の川の沿岸にある。アリ地区公署所在地。1964年、解放軍とガル県の住民によって建設された新しい鎮で、新蔵、アリ両自動車道が通る。農機具自動車修理、カーペット工場などがある。[駒井正一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone