コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

獅泉河 しせんが

2件 の用語解説(獅泉河の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

獅泉河【しせんが】

中国,チベット自治区南西,アリ(阿里)地区ガル県の中心地。カイラス山付近から流れ出すインダス川上流の獅泉河(センゲー・カンバブ)南岸に開けた町。新疆〜チベット道路とナチュ(那曲)〜アリ道路の交差点で,アリ地区の政治・経済の中心地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

獅泉河
しせんが / シーチュワンホー

中国、チベット自治区西部、ガル県にある鎮。センゲーカバのこと。同名の川の沿岸にある。アリ地区公署所在地。1964年、解放軍とガル県の住民によって建設された新しい鎮で、新蔵、アリ両自動車道が通る。農機具自動車修理、カーペット工場などがある。[駒井正一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

獅泉河の関連キーワードチベット高原ブラマプトラ川カイラス山玉樹ゴサインタン山チベット犬青海チベット(青蔵)高原青海チベット鉄道高度な自治チベット種 (Tibet)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone