新蔵(読み)しんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新蔵 しんぞう

1759-1810 江戸時代中期-後期の漂流民。
宝暦9年生まれ。伊勢(いせ)(三重県)の神昌丸乗組員。天明2年船頭の大黒屋光太夫らと遠州灘で遭難し,アリューシャン列島のアムチトカ島に漂着。カムチャツカをへてイルクーツクにおくられる。寛政3年日本語学校の教師となり,ロシア人を妻とした。文化7年同地で死去。52歳。ロシア名はニコライ=ペトロビッチ=コロツイギン。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新蔵の関連情報