コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉井忠田 たまい ちゅうでん

1件 の用語解説(玉井忠田の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉井忠田 たまい-ちゅうでん

1808-1877 江戸後期-明治時代の医師。
文化5年生まれ。広瀬淡窓の私塾咸宜園(かんぎえん)で漢学を,中垣谷神に医学をまなぶ。筑後(ちくご)隈上(くまのうえ)村(福岡県浮羽(うきは)町)で開業。のち久留米(くるめ)藩の侍医となり,藩校医学館でおしえた。明治10年12月15日死去。70歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。名は穆。字(あざな)は養純。著作に「傷寒論柯則(しょうかんろんかそく)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

玉井忠田の関連キーワード1808年5月3日ゴヤ(年譜)検察上田秋成ブルボン朝竹本春太夫(5代)スタング(父子)菊池大麓杵屋六左衛門レヤード

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone