玉川彦十郎(読み)たまがわ ひこじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉川彦十郎 たまがわ-ひこじゅうろう

?-? 江戸時代前期の歌舞伎の座元。
江戸の人。承応(じょうおう)元年(1652)江戸葺屋(ふきや)町にはじめて太鼓櫓(やぐら)をあげたという。寛文9年堺(さかい)町に芝居小屋をうつしたが,このとき設置した橋がかりが花道のはじめといわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android