コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉手弘通 たまて ひろみち

2件 の用語解説(玉手弘通の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉手弘通 たまて-ひろみち

1844-1926 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)15年5月生まれ。もと大和(奈良県)高取藩士。弾正台につとめたのち,大阪で石油販売業をいとなむ。明治14年堂島米商会所頭取となる。大阪商船の設立にくわわり,大阪電灯などの経営にかかわった。大正15年4月23日死去。83歳。本姓は中村。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

玉手弘通

没年:大正15.4.23(1916)
生年:弘化1.5(1844)
明治期の実業家。大和国(奈良県)高市郡に高取藩士中村幸次(郎)の第4子として生まれる。11歳で多武峯の僧正に入門。17歳のとき,僧正が死去したのち,越智家を相続して越智剣平と改称し,武術修行に励む。幕末には勤王運動に身を投じ,また大和国越智伊賀守の一門玉手郷城主玉手又太郎(または又四郎)の絶家を相続し,玉手鎮次郎橘弘通と改名。戊辰戦争期以降は維新政府に仕えたが,明治4(1871)年末に大阪府に転籍し,秋津屋の屋号で商業を開始。17年,石油取引業者を糾合した大阪石油会社の社長に就任。大阪商船,大阪電灯などの会社の創立・経営にも参加し,坩堝やペンキの製造でも成功。堂島米商会所頭取,大阪商法会議所副会頭も歴任。<参考文献>宮本又次「玉手弘通」,同編『上方の研究』5巻

(阿部武司)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉手弘通の関連キーワード大安寺小墾田今村勤三植田吉兵衛永田藤平貞真貞吉(1)高井仙太郎恒岡直史

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone