コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉手弘通 たまて ひろみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉手弘通 たまて-ひろみち

1844-1926 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)15年5月生まれ。もと大和(奈良県)高取藩士。弾正台につとめたのち,大阪で石油販売業をいとなむ。明治14年堂島米商会所頭取となる。大阪商船の設立にくわわり,大阪電灯などの経営にかかわった。大正15年4月23日死去。83歳。本姓は中村。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

玉手弘通

没年:大正15.4.23(1916)
生年:弘化1.5(1844)
明治期の実業家。大和国(奈良県)高市郡に高取藩士中村幸次(郎)の第4子として生まれる。11歳で多武峯の僧正に入門。17歳のとき,僧正が死去したのち,越智家を相続して越智剣平と改称し,武術修行に励む。幕末には勤王運動に身を投じ,また大和国越智伊賀守の一門玉手郷城主玉手又太郎(または又四郎)の絶家を相続し,玉手鎮次郎橘弘通と改名。戊辰戦争期以降は維新政府に仕えたが,明治4(1871)年末に大阪府に転籍し,秋津屋の屋号で商業を開始。17年,石油取引業者を糾合した大阪石油会社の社長に就任。大阪商船,大阪電灯などの会社の創立・経営にも参加し,坩堝やペンキの製造でも成功。堂島米商会所頭取,大阪商法会議所副会頭も歴任。<参考文献>宮本又次「玉手弘通」,同編『上方の研究』5巻

(阿部武司)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

玉手弘通の関連キーワード曲芸ジュウェット大正天皇昭和ビシケクイギリス映画小作争議文芸時代井関隆子武田秀平

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone